×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャタピラ式階段昇降機
意外と多くの駅で導入されているものなのです が著者はJR船橋駅(千葉県・平成5年体験)やJ R有田駅(佐賀県・平成9年体験)など数箇所で しか乗せてもらったことがありません。手動車椅 子利用者の場合は階段昇降機があっても駅員 さんを集めて担ぎ上げてもらうことが多いので す。私はあまり抵抗がないのですが車椅子利 用者仲間にはガタガタと乗り心地が悪いとか、 安全面での心配をする方もおられることもあま り使われない理由のようです。著者自身がわず かな利用体験しかありませんので「アシトド」の ホームぺージではあまりご紹介できないと思い ます。
車椅子専用スロープ通路
一般乗客用通路(跨線橋・地下道)とは別に車椅子利用者のため にホーム端をスロープ状にして線路を横断するかたちでつくられた 通路。警報機なども設けた一般の踏切とかわらないような所もあり ましたが、利用の際には駅員の誘導が必要です。また駅の案内図 等には載っていませんので、地元の車椅子利用者にも意外と知ら れていないことが多く、あなたの近くの駅にもひょつとしたらこのよ うな施設があり、車椅子での乗降が可能かもしれませんよ。
名鉄・犬山駅のスロープ通路(愛知県・平成6年撮影)
車椅子対応自動改札機
初めて案内してもらった時にはどのようなハイテク装置なのかと期 待してしまったが普通の自動改札口の幅を広くしたものだったので かっかりしてしまいました。とはいえ駅員さんのいる改札口で順番を 待つことなくホームに出入りできるので、上肢の使える車椅子利用 者にはそれなりに便利です。しかし私たちの仲間には腕の障害も重 く自分で切符を買うことも困難な方もおられます。そういう最重度の ハンディキャップのある乗客への配慮も忘れないでいただきたいも のです。



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32
33 34 35 36 37 38 39 40 41 # 43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64
65 66