×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車椅子で関東鉄道に乗せてもらい、旅行しました

関東鉄道には平成21年に守谷駅と水街道駅(共に茨城県)の間を利用させてもらいました。関東鉄道の路線全体からみればほんのわずかな区間なのですが、首都圏での気動車の旅を画面上ではございますがご一緒していたたければ幸いです。
(平成21年乗車体験)

車椅子電車評論家・アシトド松井


 

車窓より撮影(平成21年)


まず駅の紹介から

守谷駅

つくばエクスプレスと関東鉄道との共用駅でエレベーター完備、地上からコンコース階に上がり関東鉄道の改札口を通ってエレベーターを下るとホームにたどり着けます。車椅子対応トイレが改札口内にあり、地上の駅前広場に車椅子・オストメイト対応フル規格トイレがありました。
(平成21年取材) 

地上の関東鉄道ホームと高架のつくばエクスプレスのホームがクロスにまじわる守谷駅

関東鉄道・守谷駅のエレベーター

関東鉄道守谷駅の改札口内の車椅子対応トイレ

関東鉄道守谷駅で車いす用渡し板の設置サービスをうけました。


水街道駅

水街道駅は上下線ともスロープでホームにたどり着けます。周辺で車椅子対応トイレは確認できませんでした。
(平成21年取材)

関東鉄道水街道駅

水街道駅からの列車


関東鉄道車両内の車椅子スペース

関東鉄道に乗車体験するために集まった、手動・電動・ハンドル付き車椅子の多様なメンバー

今回の旅行はその後守谷駅にもどり、つくばエクスプレス・JR・京成・地下鉄を乗り継いで浜松町(東京)で解散という行程でしたので沿線の観光はできませんでした。少し残念!

このページの記事は平成21年の著者が体験したときの状況をきさいしています。関東鉄道には乗車体験できていない別の車両もありましたが状況は不明です。他の駅についても実際に乗降していませんので乗降可能なのか分かりません。最新の状況につきましては是非ご自身の車いすでお確かめいただければ幸いです。

アシカなくてもトドまらず